メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

世界遺産・小笠原の空港計画 自然との共存考えたい=荒木涼子(東京科学環境部)

返還50年を迎えた小笠原諸島。(手前から)父島、兄島、弟島=6月9日、本社機「希望」から

 吸い込まれそうな深く青い海。溶岩がむき出しになったダイナミックな地形。色鮮やかな絶滅危惧種の鳥。都心から南へ約1000キロ離れた世界自然遺産・小笠原諸島(東京都小笠原村)は6月、米国から返還されて50年を迎えた。島民は返還時の約10倍に増え、村役場のある父島では空港建設の検討も進む。固有種の多さから「東洋のガラパゴス」と称される島々の自然と、人間はどう共存していけばいいのか。世界遺産になり観光客も増える中、島民だけでなく本土の私たちも深く考える必要があると訴えたい。

この記事は有料記事です。

残り1778文字(全文2014文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです