メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン露大統領

支持急落 年金支給年齢、引き上げで

プーチン露大統領の支持率の推移

 【モスクワ大前仁】7日に通算4期目の就任から3カ月を迎えたロシアのプーチン大統領の支持率が低下している。年金制度改革に着手し、国民の反発を招いたのが原因だ。ロシアでは近年、経済の安定が平均寿命の延びにつながった結果、年金支給年齢の引き上げの必要性にも直面し、プーチン政権は苦しい対応を迫られている。

 プーチン政権はロシア中が沸いたサッカーのワールドカップ(W杯)開幕当日の6月14日、年金制度の改革案を出した。一般的な支給開始年齢について、男性は60歳から65歳、女性は55歳から63歳へと段階的に引き上げる内容だ。来年1月からの運用を目指し、議会審議も始まった。

 だが、改革案の発表を受けてプーチン氏の支持率は下落。世論調査機関「世論基金」の発表では、4期目スタ…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです