メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

金融政策修正あいまい 7月決定会合意見

日銀の政策修正を巡る委員の意見

 日銀は8日、政策修正を決めた7月30、31日の金融政策決定会合での「主な意見」を公表した。複数の政策委員が金融機関などへの副作用に懸念を示す一方、緩和強化を求める声もあって議論はこれまで通り平行線をたどり、緩和継続を強調しながら一定の金利上昇を許容するというあいまいな修正に至った。

 日銀は2%の物価上昇率目標を掲げ、超低金利政策を5年超続けてきたが、いまだに生鮮食品を除く物価上昇率(6月時点)は前年同月比0・8%にとどまる。7月会合では2020年度までの2%達成が見通せなくなり、委員から「目標実現に向け強力な緩和を長く続けられる形とすることが重要」との意見が出た。

 2%は達成不可能との指摘も多いが、円安・株高を志向する政府とともに掲げた大目標。達成に向け複数の委…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです