メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生損保格付け

政府に先進的提言を 環境NGOに聞く

インタビューに応じるルーシー・ピンソンさん=東京都港区で2018年7月26日午後0時5分、竹下理子撮影

 石炭火力発電への投融資からの撤退などを企業に呼びかける国際NGOネットワーク「アンフレンド・コール」欧州支部のルーシー・ピンソンさんに最近の動向を聞いた。【聞き手・竹下理子】

 --欧州の保険会社は、相次ぎ石炭火力発電から撤退しました。

 ◆世論の圧力が大きい。保険は銀行に比べて遅れていたが、2017年にアンフレンド・コールが生まれ、「気候変動に加担するな」という声が強まったことで、方針を変える会社が増えた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです