メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

広がる海洋散骨 規定なく法整備求める声 体験者「時代にマッチ」「大自然の中、魅力」

花を添え、小袋に入れた「粉骨」を海に落とそうとする「参加者=東京湾・羽田空港沖で

 <access>

 「海洋散骨」が注目されている。オウム真理教の教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚の遺骨を巡り、四女の代理人は「太平洋上で散骨したい」との意向を示した。そもそも海洋散骨はどこまで許され、どう行われているのだろうか。【宇多川はるか】

 7月17日午後、海洋散骨を手がける会社「ハウスボートクラブ」(東京都)による「体験クルーズ」が東京湾で行われ、全国から男女約20人が参加した。

 出港から約1時間で実際に散骨が行われている羽田空港沖の「散骨ポイント」に到着。白いブラウスに青いス…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  2. 日産、ゴーン前会長に損害賠償請求へ
  3. ゴーン前会長 クルーザー「社長号」も私的流用から?
  4. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  5. 注目裁判・話題の会見 ゴーン事件追起訴 東京地検次席会見「反響は想定」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです