メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンゴ礁

奄美大島周辺で半減 鹿児島・加計呂麻島

 環境省は、鹿児島県・奄美大島周辺と沖縄県のサンゴ礁を6~7月に調べた結果、奄美大島に近い加計呂麻(かけろま)島で、生きたサンゴの割合が昨夏に比べ半減した場所が確認されたと発表した。「昨年の高水温で白化現象が起き、死んだとみられる」としている。

 加計呂麻島の北岸では、昨年8月の調査時は海底に占める生…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  3. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. 愛知・尾張旭 市長、不倫疑惑否定も写真「うかつだった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです