メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

特別支援学校の生徒らが…

全国ボッチャ選抜甲子園で、白いジャックボールに近づけようと赤いボールを投げる唐司あみ選手(左)=東京都港区で2018年8月8日午後4時12分、成田有佳撮影

 特別支援学校の生徒らが2020年東京パラリンピック競技「ボッチャ」で日本一を争う全国ボッチャ選抜甲子園が8日、東京都港区であり、青森から沖縄の24校約100人が熱戦を繰り広げた。

 四肢に障害がある人たちが各チーム6球ずつ投げ、白い目標球にいかに近づけられるかを競う「地上のカーリング」。今月、英国で…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文280文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです