メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グルメ

[街中華の名店]東京屈指の酸辣湯麺は代々木駅前の「山水楼」にあり! ってマジで駅前じゃん(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

代々木は穴場のグルメ街であり、駅から足を延ばすと宝物のような名店があるとかつて述べたことがある。では駅周辺はつまらないかというと、実はそんなことはない。代々木駅を利用する人なら、だれもが目にしているはずの街中華が存在する。「中国風レストラン 山水楼」だ。

 

元祖と肩を並べるヤミツキのウマさ

とにもかくにもここはまず、場所がすごい。改札を出た目の前なのだ。駅前と呼べるエリアのなかにスターティンググリッドというものがあるならば、同店はまさにポールポジション。周りはチェーン店だが、そのなかで唯一といえる存在感を放つ。

 

↑駅からの横断歩道が店の入口まで延びている。そして周辺の店よりも専有面積が広いうえに2階建て。好立地すぎる条件だが、街中華なのでもちろん個人経営だ

 

 

↑あまりにも駅前なので、2階の窓側の席はステーションビュー

 

とはいえ、立地がいいだけでは繁盛しないのが飲食の厳しい世界だ。当然としてここには、多くのファンの心をつかんで離さない美食がある。代表的な一皿が「酸辣湯麺」。これはスーラータンメンという、酸っぱくて辛いラーメンだ。

↑「酸辣湯麺」900円。様々な具材を使ったあんが、麺を覆い隠すほどにたっぷりのっている

 

豚ロース、鶏のモモとムネ、たけのこ、しいたけ、えのきだけ、絹ごし豆腐。これらをすべて細かく刻み、鶏ガラ、ゲンコツ、香味野菜からなるスープでサっと煮る。そこにしょうゆダレや溶き卵を投入し、ラストにとろみ、酸味、辛味を調整して完成だ。

↑ストレートの細麺は150g。シャキシャキのえのきだけやふわふわの卵が、とろとろのあんや豆腐とともによく絡み、至福のおいしさだ

 

中国の四川や湖南地方の「酸辣湯」がルーツといわれるこの料理。酢、ラー油、胡椒などが効いたパンチのある味わいだが、決して強烈すぎる刺激ではなく、食べ始めると箸が止まらない。その大きな理由は特製のしょうゆダレにある。タレのなかに昆布と煮干しでうまみをプラスしているため、どこかふくよかでやさしい。また、ごま油の香ばしさが酸味をほどよく抑えるとともに食欲をかきたてる。

↑そのおいしさゆえ、有名雑誌からの信頼も厚い。「酸辣湯麺」の元祖といわれる超名店と肩を並べる形で、大きく紹介されている

 

 

代々木駅前で飲みたいときにも使える!

山水楼は中休みがなく、24時まで営業していることも魅力。昼飲み、早飲み、ちょい飲み、晩酌、2次会と、多様なシーンに応えてくれるのだ。そのため、つまみにも看板メニューが存在。「揚げギョウザ」だ。これもまた、普通の揚げ餃子とは一線を画す特徴がある。

↑「揚げギョウザ」700円。甘酢あんが最大のポイントで、一般的な「焼ギョウザ」600円も人気だが「揚げギョウザ」は熱烈なファンが多い

 

粗挽きと通常の挽肉両方を使って背脂とともに捏ね、キャベツ、にら、白菜、にんにく、しょうがをミックス。これを厚めの皮で包んで揚げ、甘酢あんをかける。表面はサクサクとしていながら、ふっくらもっちりとした生地は食べごたえが抜群。あんには隠し味にレモンが使われており、さっぱりとした余韻で絶妙なおいしさだ。

 

また、「春巻」も人気の逸品である。こちらは豚ロースとハムのほかにたけのこ、しいたけ、キャベツが中華スープのあんでまとめられており、パリパリとした生地とのメリハリがたまらない。

↑「春巻」680円。生地は春巻きの皮のトップメーカーである「富強食品」製で、安定感のあるおいしさ

 

様々な個性を持った名店・山水楼だが、その成り立ちやおいしさの秘密をたずねたところ、興味深いストーリーがあった。現在の店主は2代目とのことだが、取材時は不在のため料理長の中浜 修さんから話を聞くことに。

↑中浜 修料理長。40年以上の職人歴を持つベテランだ

 

「創業は戦後まもなくだと聞いています。私がここに入ったのが1976年。当時から『揚げギョウザ』と『春巻』はありましたが、『酸辣湯麺』は約20年前に私が開発しました。というのも、一度退社して別の店で働いていた時期があるんです。そのお店に酸辣湯があり、まかないで麺を入れて食べていたんですね。そして20年ぐらい前に私が料理長として山水楼に復帰した際に、まかないのレシピを元に『酸辣湯麺』を作ったんです」(中浜さん)

↑昭和の面影が息づく、街中華ならではの温かみにあふれた空間。ここは1階で、2階には入口脇の階段から行ける

 

利便性が高いこともあって、お客のなかには舌の肥えた業界人が少なくない。そしてメディアなどを通じて噂が広まり、同店には麺だけで30以上のメニュー数だが酸辣湯麺は1日に30杯以上出るという。代々木駅は通過するだけという人は、途中下車してでもぜひ賞味いただきたい!

 

撮影/我妻慶一

 

【SHOP DATA】

中国風レストラン 山水楼(さんすいろう)

住所:東京都渋谷区代々木1-33-4

アクセス:JRほか「代々木駅」西口徒歩数秒

営業時間:11:00~24:00

定休日:日曜

【関連記事】
栄養も丸ごと凝縮! 庶民の味方「サバ缶」で誰でも作れるおつまみレシピ
1位は216円なのに「老舗洋食店の味」だって!? カルディ「業務用冷凍ピラフ」ランキング
パンのおいしい香りは「パンの耳」から出ていた!――『パンの科学』
ヴィレヴァンダイナーを起ち上げた店主が作る「メキシカン」なバーガーにしびれろ!――「PANTRY COYOTE」
チキラー、ファミチキ、サラダチキンーー「ファミマ新商品」怒濤のチキン攻め、発動中

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 訃報 中尾栄一さん88歳=元自民党衆院議員
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです