メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

神経剤事件で対露経済制裁 第2弾発動も

 【ワシントン高本耕太】米政府は8日、英国で今年3月に発生した神経剤「ノビチョク」を用いた元ロシアスパイ暗殺未遂事件について、ロシアが起こしたものと断定し新たな制裁を科すと発表した。ロシアが、エンジンや電子回路部品など国家安全保障に関わる物品を米国から調達することを制限する内容で、議会への通知期間を経て今月22日にも発動する。

 制裁は化学・生物兵器に関する米国内法に基づく措置。暗殺未遂事件を受け、米国は60人の駐米ロシア外交…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです