メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋大

細胞死導く酵素が神経再生 脊髄損傷治療に光

 体内で不要になった細胞を死なせて排除する役割を持つ酵素に、切断された神経の再生を促す働きがあることを、名古屋大の久本直毅教授(分子生物学)の研究グループが線虫を使った実験で明らかにし、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

 神経の細胞は細長く伸びた「軸索」を介して他の神経細胞や筋肉などに電気信号を送っており、けがなどで軸索が切れると神経として機能しなくなる。再生することも…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです