メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

自己免疫性膵炎の原因発見 診断の指標に

 国指定の難病「自己免疫性膵炎(すいえん)」について、患者自身の免疫システムが、膵臓細胞の周囲の組織にあるたんぱく質を攻撃することで引き起こされていることを、京都大の研究チームが突き止めた。患者の血中でこのたんぱく質に対する抗体が増えており、診断の指標に使えるという。9日に米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」電子版に掲載される。

 同疾患は指定難病「IgG4関連疾患」の一つで国内に5000~1万人の患者がいるとされる。膵臓の炎症…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです