メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

金融政策修正あいまい 7月決定会合意見

 日銀は8日、政策修正を決めた7月30、31日の金融政策決定会合での「主な意見」を公表した。複数の政策委員が金融機関などへの副作用に懸念を示す一方、緩和強化を求める声もあって議論はこれまで通り平行線をたどり、緩和継続を強調しながら一定の金利上昇を許容するというあいまいな修正に至った。

 日銀は2%の物価上昇率目標を掲げ、超低金利政策を5年超続けてきたが、いまだに生鮮食品を除く物価上昇率(6月時点)は前年同月比0.8%にとどまる。7月会合では2020年度までの2%達成が見通せなくなり、委員から「目標実現に向け強力な緩和を長く続けられる形とすることが重要」との意見が出た。

 2%は達成不可能との指摘も多いが、円安・株高を志向する政府とともに掲げた大目標。達成に向け複数の委…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文822文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです