メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NGO

生損保を格付け 環境・人権、日本は低評価

インタビューに応じるルーシー・ピンソンさん=東京都港区で2018年7月26日午後0時5分、竹下理子撮影

 保険会社が環境や人権などに配慮した投融資方針を持っているかを調査し、格付けする日本初の試みが始まった。保険加入者の関心を高め、環境破壊や人権侵害につながる事業へのお金の流れを断つ国際キャンペーン「フェア・ファイナンス・ガイド」の一環として、複数の国内NGOが作成した。厳しい「通信簿」が企業行動を変えるか、注目が集まっている。

 今回格付けしたのは、生命保険大手5グループ(日本生命、第一生命、明治安田生命、住友生命、かんぽ生命…

この記事は有料記事です。

残り1512文字(全文1726文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです