メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

隣の国を歩く

田園風景の中にある朝鮮戦争の名残

北朝鮮が掘ったとされる第2トンネルの入り口=韓国・江原道平原郡で2018年7月28日、渋江千春撮影

 4月27日に韓国と北朝鮮の南北首脳会談が開かれて以降、南北関係は融和ムードが続く。この会談は、南北を隔てる軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で開かれた。板門店は1953年、朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた場所としても有名だ。南北首脳会談後、「平和の象徴」となった板門店を訪れる観光客が増えたという。

 実は板門店以外にも、軍事境界線に近づける場所はある。7月28日、江原道(カンウォンド)鉄原(チョロ…

この記事は有料記事です。

残り2181文字(全文2382文字)

渋江千春

ソウル支局特派員。1981年東京都生まれ。2003年入社。阪神支局、大阪本社社会部、外信部を経て2018年4月から現職。2017年4月から約1年間ソウルに留学し、延世大学語学堂などで韓国語を学ぶ。趣味は6歳の頃から続ける合唱。共著に「介護殺人 追いつめられた家族の告白」(新潮社)。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです