メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

「ジャポニスム2018」報告/下 日仏共同でプログラム選定

池田亮司さんの「A [continuum]」。巨大なスピーカーが五つ並ぶ=ポンピドーセンターで2018年7月15日、高橋咲子撮影

 「フランスにとってもこの美術館にとっても重要な芸術家。メディアアートのパイオニアで、ほかの人にはない深みがある」

 開幕に先行してパリの国立美術文化施設「ポンピドーセンター」で開催されていた、作曲家、メディアアーティストの池田亮司さんの「continuum」展(27日まで)。真っ暗な部屋と自然光を取り入れた白い部屋、ポンピドーの建物を生かした対照的な二つのインスタレーション。池田さんについて、同センターニューメディアコレクション主任学芸員のマルチェラ・リスタさんは高く評価した。

 パリ郊外で開催されている、チームラボによるデジタルを駆使した「境界のない世界」展(9月9日まで)も…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1789文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです