メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒木亮さん

世界遺産・天草の未来に期待

 地域振興の夢を託して「天草空港」を作ったが、肝心の就航する会社がない。そこで熊本県と地元の市町村などが出資して2000年に「天草エアライン」を設立し、たった1機で定期路線の運航を始めた。県庁職員をはじめプロジェクトに携わった関係者や組織が実名で登場するノンフィクション・ノベル「島のエアライン」(毎日新聞出版)が刊行された。著者の黒木亮さんに、執筆の動機と地方の可能性などについて伺った。(聞き手 本誌・本谷夏樹)

 --天草エアラインについて書こうと思ったきっかけは。

この記事は有料記事です。

残り2611文字(全文2859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです