メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

「葛藤の時」を乗り越えよ=残間里江子

 今春、定年になった女友達から電話があった。「退職後はヨーロッパ旅行をして40年余の会社員生活のあかを落としたら、友達の仕事を手伝おうと思っていたのだけれど、会社からシニアアドバイザーとして残ってくれないかと言われたの」との報告だった。

 1年ごとの契約更改だそうで、そう長くはいないつもりと言うが、これまでの業績が認められての「残留」はうれしかったようだ。「ところがね、一緒に定年を迎えた同期の男性が妙なことを言ってくるのよ」

 定年になった同期には関連会社の役員に転じた人もいたが、どこからも声が掛からずに退職した人もいた。今…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  3. 懲戒処分 交際女性にけが 県職員 /熊本
  4. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず
  5. 山口・乳児暴行死 県「厳粛に受け止める」 関係機関の対応検証へ /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです