メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

「葛藤の時」を乗り越えよ=残間里江子

 今春、定年になった女友達から電話があった。「退職後はヨーロッパ旅行をして40年余の会社員生活のあかを落としたら、友達の仕事を手伝おうと思っていたのだけれど、会社からシニアアドバイザーとして残ってくれないかと言われたの」との報告だった。

 1年ごとの契約更改だそうで、そう長くはいないつもりと言うが、これまでの業績が認められての「残留」はうれしかったようだ。「ところがね、一緒に定年を迎えた同期の男性が妙なことを言ってくるのよ」

 定年になった同期には関連会社の役員に転じた人もいたが、どこからも声が掛からずに退職した人もいた。今…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです