メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落

33年 今も向き合う生と死 元遺族対応係、ホスピスで活動

担当した遺族から届いた手紙を読む錦織さん。今も交流を続けているという=東京都内の錦織さんの自宅で2018年7月24日午後3時43分、西銘研志郎撮影

 520人が犠牲になった1985年の日航ジャンボ機墜落事故は12日で33年を迎える。当時、日航社員として遺族の世話係だった錦織葆(にしごりほう)さん(79)は、事故をきっかけに「人の生と死」について学び、ホスピスのボランティアをしてきた。定年退職し、喜寿を過ぎた今もホスピス病棟で命と向き合っている。【西銘研志郎】

 33年前の8月、錦織さんは、事故で犠牲となった関西地方の30歳の男性の遺族対応のため、遺体安置所が…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1002文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです