メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

40年前の屈辱

 滋賀県高校野球連盟の連盟史「球跡」に「屈辱の年」という記載がある。1978年のことだ。春のセンバツでは、比叡山が前橋(群馬)の松本稔投手に完全試合を喫した。夏は、膳所(ぜぜ)が桐生(同)に0-18で大敗、屈指の左腕・木暮洋投手から1安打しか奪えなかった。つまり、滋賀勢は春夏の甲子園でヒット1本、それもボテボテの内野安打だったのだ。

 中学時代、甲子園で偶然この2試合を目の当たりにし「滋賀は弱い」と思った。近畿で唯一全国制覇の経験が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  4. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです