メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の日

声震わせ証言した父 記念式典初参列・長野の細田さん、遺志継ぎ核廃絶署名活動 /広島

平和記念式典参列後に原爆ドームを訪れる被爆2世の細田伸子さん。「多くの遺族に会って気持ちを共有できて良かった」と語った=広島市中区の平和記念公園で2018年8月6日、山崎一輝撮影

 「絶対に戦争をしないでくれ」。長野県飯田市の細田伸子さん(64)は父昭夫さんが初めて被爆証言をした際に声を震わせながら発した言葉が頭から離れない。「あの日の記憶に苦しみながらも強く平和を願っていた父のため、できることをしたい」と昭夫さんが2年前に亡くなったのを機に核兵器廃絶を求める署名活動を始めた。【谷田朋美】

 細田さんが覚えているのは、幼い頃に一緒に風呂に入った時に見た昭夫さんの背中の無数の傷痕だ。疲れやす…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです