メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 英語で「おもてなし」 県内高校生140人学ぶ /大分

 ラグビーのワールドカップ(W杯)が来年秋に大分市などで開かれ、多くの外国人が訪れるのを前に、高校生がラグビーの基礎や実践的な英会話を学ぶ講座が9日、大分市府内町のコンパルホールであった。外国語大学7校がつくる「全国外大連合」の主催。県内の高校生ら約140人が参加し、「おもてなし」の心を込めた英語表現などを学んだ。

 神田外語大学(千葉市)の市瀬良行教授は、ラグビーボールを素早くパスさせるゲームで高校生の緊張を解い…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  4. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです