メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/17 被災地の代理店奮闘

建て替えた事務所の前に立つ平野栄紀=岩手県大槌町で、釣田祐喜撮影

 東日本大震災では、被災した保険契約者に直接向き合う保険代理店も被災者となった。

 「やっぱりお客さんに助けられてるのさ」。今年5月、岩手県大槌町吉里吉里地区であいおいニッセイ同和損害保険の代理店を営む平野栄紀(64)は、盛り土をした敷地に建つ真新しい事務所を見ながらうなずいた。

 約30年前から代理店業に従事する傍ら、漁協組合長や町内会長などを務める。約2000人の住民の多くは知り合いだ。付き合いを通じて保険に入る人も多く、自動車保険契約の新規獲得で全国表彰を受けたこともあった。

 しかし、震災は多くを奪った。自身は高台に逃げてかろうじて無事だったが、海から約500メートルの場所…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1149文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです