メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

受動喫煙対策の進め方

長谷川一男氏

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が成立した。公共の場での屋内禁煙を初めて罰則付きで義務付けたものの、当初の厚生労働省案からは大幅に後退し、世界的に見ても緩い規制内容だ。がんや心臓病の原因となることが明確なたばこ。愛煙家たちの根強い抵抗が続く中、今後の対策はどのように進めていくべきか。

マナーではなく健康問題 長谷川一男・日本肺がん患者連絡会理事長

 改正健康増進法の成立には「一歩進んだ」一方で、まだ「不十分だ」という両方の思いがある。

 私はステージ(がんの進行度)4の肺がんを患っている。私自身は喫煙の経験はないが、家庭では父、職場で…

この記事は有料記事です。

残り4297文字(全文4567文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです