メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「宿題済んだらおやつあげる」と母親が言うと、子供は「おやつくれたら宿題やるよ」。そこで少しだけあげると、子供は「もっともっと」。それを見ていた親戚たちが「そうだそうだ」と子供の主張に加勢している--。

 そんなにほほ笑ましくはないが、北朝鮮問題(非核化)のことである。「子供」は北朝鮮、「親戚」は中国やロシア。そして米トランプ政権を「母親」に例えるのは違和感があるにせよ、この母親は今のところ北朝鮮に甘いのだ。

 最近の傾向としては南北や米朝の会談を殊更感動的にとらえる空気は薄れ、「関係者にノーベル平和賞を」と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです