メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「平和教育」被爆地の新たな試み 核問題を「自分事」に=浅野孝仁(長崎支局)

世界に現存する核兵器の数と同じ約1万4450個のBB弾が缶に落ちる音で、その数を体感してもらうピースキャラバン隊の授業=長崎県諫早市の真城中で7月12日、徳野仁子撮影

 原爆投下から73年がたち、被爆者の体験や核の問題を次世代にどのように伝えていけばよいのか。広島支局との合同企画「平和教育はいま 広島・長崎の模索」(西部、大阪本社紙面に掲載)で若い世代や教育委員会などによる、さまざまな取り組みを取材した。これまでは被爆者の講話が中心だった被爆地の平和教育に、現代の核問題を取り上げたり、被爆者との対話を重視したりと今、新たな試みが生まれている。

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文2000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです