メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-久保利明王将 第5局の2

選択

 個人的に対振り飛車の指し回しが見事だなと思う棋士が何人かいて、稲葉はその一人。共通しているのは居飛車ながら駒運びに「さばく感覚」があること、もう一つは居飛車穴熊だけに頼らず、ほどほどの玉の堅さで戦えること。

 その特徴が本局の稲葉にも表れていた。対ゴキゲン中飛車の超速のように、スルスルと右銀を繰り出していく。自玉の囲いは欲張らず、左美濃にとどめた。

 久保の[後]7四歩は意欲的な手。玉のコビンだけにリスキーだが、自玉に進展性を求めた。稲葉は[先]3…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  5. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです