メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本製旧型鉄道車両

海外で「第二の人生」 冷房付き、女性や子どもに人気

 東京や名古屋市など日本を走った旧型鉄道車両がアルゼンチンやインドネシアで「第二の人生」を送り活躍している。耐久性に優れた日本製の旧型車両は、改修すれば新興国にとって価格的にも十分魅力のある中古品で引く手あまただ。

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレス。地下鉄の駅に、営団地下鉄(現東京メトロ)丸ノ内線の昔懐かしい「500形」電車が滑り込み、大勢の客が乗降する。500形は丸ノ内線で1957年から約40年間走り、赤い車体と、銀色の波模様が入った白帯が特徴的だ。大手商社の丸紅が旧丸ノ内線車両131両を94~96年に納入。日本最初の地下鉄はブエノスアイレス…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. コトバ解説 「麻薬」と「覚醒剤」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです