メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電通

純粋持ち株会社へ移行検討 20年めどに

 電通は9日、親会社として子会社の株式を保有しグループ経営を主導する「純粋持ち株会社」の体制へ2020年1月をめどに移行する検討を始めると発表した。純粋持ち株会社の傘下に分離後の事業会社などを置く。事業部門に権限を移し、適正な統治の仕組みを確立することで、組織の一体性と法令順守を強化する狙いだ。

 電通はこの日、18年12月期の連結最終…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文276文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです