メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検査データ不正

車業界、不正の連鎖 感覚頼み、曖昧検査

不適切な検査が発覚し、記者会見で厳しい表情を見せるスズキの鈴木俊宏社長=東京都千代田区で2018年8月9日午後1時33分、佐々木順一撮影

 新車の品質検査を巡る不正が拡大した。スズキ、マツダ、ヤマハ発動機が9日、出荷前に新車の排ガスや燃費を調べる検査で一部データを不正に処理していたことを公表。いずれも検査員の感覚に頼った曖昧な検査体制が背景にあり、各社の対応の甘さが浮き彫りになった。車業界では不正が相次いで発覚し、メーカーの品質管理に改めて厳しい視線が注がれている。【竹地広憲、柳沢亮、横山三加子】

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2022文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです