メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

坂口慶さん=路上で絵本の魅力を伝える

坂口慶さん=東京都江東区で2018年8月1日、坂根真理撮影

坂口慶(さかぐち・けい)さん(35)

 「読んでくれてありがとう」。その一言がうれしくて、相棒の絵本を革のトランクに入れ、日本中を駆け巡る。「聞かせ屋。けいたろう」と名乗り、集まった人の反応をみながら、何を読むか決めていく。客は1人の時も、大勢いる時もある。「絵本を読んでもらうと、大人も子供も関係なく笑顔が広がる」

 高校卒業後にミュージシャンを目指して、音楽スクールへ通った。しかし、自分の才能に限界を感じて挫折。…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです