メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

坂口慶さん=路上で絵本の魅力を伝える

坂口慶さん=東京都江東区で2018年8月1日、坂根真理撮影

坂口慶(さかぐち・けい)さん(35)

 「読んでくれてありがとう」。その一言がうれしくて、相棒の絵本を革のトランクに入れ、日本中を駆け巡る。「聞かせ屋。けいたろう」と名乗り、集まった人の反応をみながら、何を読むか決めていく。客は1人の時も、大勢いる時もある。「絵本を読んでもらうと、大人も子供も関係なく笑顔が広がる」

 高校卒業後にミュージシャンを目指して、音楽スクールへ通った。しかし、自分の才能に限界を感じて挫折。…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文638文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです