メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ハレとケ=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 夏祭りの季節だ。ここ数週間のうちに祭りがあるという地域も多いのではないか。

 気仙沼では、先週末に「みなとまつり」が開催された。海上花火大会や、パレード、太鼓の打ちばやしなどの催しからなる気仙沼地域の祭りだ。特にこの地で生まれ育った人にとっては、血が沸くものがあるのだろう。祭りの1、2週間前から、気仙沼ニッティングのスタッフや編み手もそわそわしだし、仕事をしながらも気づけば祭りの話をしていた。あいにく当日は大雨で、中止となったプログラムもあったが、それでも雨の中、太鼓をたたく者もあれば踊る者もあり、エネルギーがはじけるような週末だった。

 東京から気仙沼に来て間もなかった2012年の夏。地域の経営者たちが祭りの準備に夢中になっているのを…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  5. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです