メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ハレとケ=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 夏祭りの季節だ。ここ数週間のうちに祭りがあるという地域も多いのではないか。

 気仙沼では、先週末に「みなとまつり」が開催された。海上花火大会や、パレード、太鼓の打ちばやしなどの催しからなる気仙沼地域の祭りだ。特にこの地で生まれ育った人にとっては、血が沸くものがあるのだろう。祭りの1、2週間前から、気仙沼ニッティングのスタッフや編み手もそわそわしだし、仕事をしながらも気づけば祭りの話をしていた。あいにく当日は大雨で、中止となったプログラムもあったが、それでも雨の中、太鼓をたたく者もあれば踊る者もあり、エネルギーがはじけるような週末だった。

 東京から気仙沼に来て間もなかった2012年の夏。地域の経営者たちが祭りの準備に夢中になっているのを…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文716文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです