メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

夏巡業 稀勢「原点」で汗 高安は手応え

横綱の綱締め実演をする稀勢の里(中央)=茨城県龍ケ崎市で2018年8月9日、飯山太郎撮影

 大相撲の夏巡業が9日、茨城県龍ケ崎市で行われた。朝稽古(げいこ)では、同県出身の横綱・稀勢の里はしこやすり足など基本運動で汗を流し、大関・高安は平幕の阿武咲らと相撲を16番取った。

 稀勢の里は稽古の土俵に上がらず、「長いのでバテずにやりたい」と語った。小中学生の時に同市内の学校に通っており、「小学…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文312文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  5. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです