メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨の爪痕

首長は語る 岡山・総社 片岡聡一市長(59) 被災地派遣、役立った

西日本豪雨の被害について語る岡山県総社市の片岡聡一市長=同市役所で、石川勝義撮影

 豪雨で岡山県総社市内を流れる高梁川の堤防が決壊し、多くの建物が水につかった。今後もこのレベルの雨は降るだろう。堤防のかさ上げや川のしゅんせつなど抜本的な水害対策を国に訴えていく。

 雨以上に不安が大きいのがダムの放流だ。高梁川上流には中国電力や県が管理するダムが6基あるが、事前に放流の連絡はなかった。放流量が多くなれば、下流域は対処できない。大雨が予想される際は数日前から放流するなど、下流にある自治体の声を聞く仕組みに見直すべきだ。

 私は今回、自身のツイッターで高梁川の水位を逐一知らせ、市民に避難を呼び掛けた。市のホームページはな…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです