メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎原爆の日

続く、平和の祈り いま、不戦の決意(その1) 母と姉ら犠牲、悲しみを行動に変え/母に守られた命つないで

 原爆投下から73年となった9日、被爆地・長崎は終日、鎮魂と平和の祈りに包まれた。あの日と同じように晴れた空の下、長崎市の平和公園では平和祈念式典があり、参列者たちは、戦争と原爆の実相を語り継ぐ決意を新たにした。一方で、核廃絶に向けた動きがみえない政府に対して被爆者たちからは厳しい批判も出された。

母と姉ら犠牲、悲しみを行動に変え

 「9日の日というのは忘れられんですね」。原爆で母親ときょうだい4人を失った長崎市の山田シズさん(94)は戦後間もないころから、同じように肉親を亡くしたカトリック信者たちと毎月9日に祈りの会を続けてきた。高齢化などで今は集まりもなくなったが、山田さんは被爆73年のこの日も、病院のベッドから原爆で犠牲になった人たちのために1人で祈りをささげた。

 山田さんは爆心地から2・8キロの勝山国民学校で被爆した。空襲を避けるために分散疎開した県庁の職場が…

この記事は有料記事です。

残り1922文字(全文2309文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです