メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

芸能人の時間が買える 秋元康氏手がける「劇団4ドル50セント」も参加

情報提供:ORICON NEWS

「タイムバンク」で時間を販売する劇団4ドル50セント
 エイベックスとメタップスの新設合弁会社「mee」の設立が完了し、その事業第1弾として、時間取引所「タイムバンク」で、秋元康氏がプロデュースする「劇団4ドル50セント」の劇団員の時間を販売することに合意したことを10日に発表した。「タイムバンク」には、すでに市井紗耶香、堀江貴文、為末大らも参加している。今回、「劇団4ドル50セント」から選抜された劇団員の時間販売を8月11日より随時実施される。

【写真】「劇団4ドル50セント」のメンバーたち

 株式会社meeは、SNSなど最新マーケティング施策のノウハウを保有するメタップスと、アーティストプロデュースのノウハウを保有するエイベックスによる合弁会社。両社の協業により、新会社の名称の由来である「movement for entertainment & economy」をテーマに、新たなエンタテインメント事業を創造する。

 「時間」の取引所であるアプリ「タイムバンク」では、タレント、アスリート、経営者などの専門家のほか、チームやプロジェクトの時間を10秒単位でリアルタイムに売買できる仕組みを通じて経済と時間の再発明を目指している。条件を満たせば決められた用途で時間を利用することが可能。ビジネスの相談や講演など、多種多様なリワードが受けることができる。また、時間を売りたい場合は、投票所にエントリーまたはSNSの影響度診断の結界次第で、自身の時間やチームの時間を販売することが可能。

 今回「タイムバンク」で時間を販売する「劇団4ドル50セント」は、秋元康氏がプロデュースする演技経験がほぼゼロの状態からスタートした現役の植木職人や新聞配達員、現役高校生や東京藝術大学の学生、民謡の全国大会の優勝経験者など、個性溢れる劇団員が所属。泥臭さと熱い気持ちをモットーに、汗と涙で感動の提供を目指す演劇的エンタテインメント集団。劇団員は、演劇をはじめ、映画やドラマ、各自の個性に合わせてバラエティ、モデル、音楽活動など多岐に渡る活動を行っている。

 なお、11日の時間販売開始に先駆け、10日から「定期公演チケットプレゼントキャンペーン」、「オリジナルサイングッズプレゼントキャンペーン」、「みんなで応援公募キャンペーン」を順次実施する。

情報提供:ORICON NEWS

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです