メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

個人消費が回復、年1.9%増 4~6月、2期ぶりプラス

猛暑でキャベツや大根、ピーマンなど野菜の値上がりが続く。個人消費を下押しする可能性も=東京都足立区のベニースーパー佐野店で2018年8月9日、藤渕志保撮影

 内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・5%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1・9%増と、2四半期ぶりにプラスとなった。前期(1~3月)に天候不順などで低迷した個人消費が持ち直したのが要因。ただ、消費が景気を力強くけん引しているとは言い難いのが実情だ。世界的な貿易摩擦の激化などマイナス材料も多く、景気下押しへの懸念も出ている。【岡大介、藤渕志保】

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1625文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです