メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

個人消費が回復、年1.9%増 4~6月、2期ぶりプラス

猛暑でキャベツや大根、ピーマンなど野菜の値上がりが続く。個人消費を下押しする可能性も=東京都足立区のベニースーパー佐野店で2018年8月9日、藤渕志保撮影

 内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・5%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1・9%増と、2四半期ぶりにプラスとなった。前期(1~3月)に天候不順などで低迷した個人消費が持ち直したのが要因。ただ、消費が景気を力強くけん引しているとは言い難いのが実情だ。世界的な貿易摩擦の激化などマイナス材料も多く、景気下押しへの懸念も出ている。【岡大介、藤渕志保】

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです