メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

日米、初日は溝埋まらず 「TPP復帰を」「2国間で」 通商協議

貿易協議に臨む茂木敏充経済再生担当相(右)とライトハイザー米通商代表(左)=AP

 日米両政府は9日(日本時間10日)、新たな貿易協議(FFR)の初会合をワシントンで開いた。米国が2国間による通商交渉入りを要請したのに対し、日本は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)復帰を促し、溝は埋まらなかった。日米は10日(日本時間11日未明)、2日目の協議を始めた。日本には「農産物分野などで大幅な譲歩を迫られかねない」との警戒感が根強く、事態打開に向けて一致点を探る構えだ。【安藤大介、ワシントン清水憲司】

 初日の協議冒頭で各省幹部が20分ほど参加した後、茂木敏充経済再生担当相と米通商代表部(USTR)の…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1054文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです