メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

スウェーデンが過去から学んだこと=中央大教授・宮本太郎

 LGBTなどの性的少数者に対して「生産性」がないとした政治家の論説が波紋を呼んでいる。おりしも、相模原の障害者殺傷事件から2年が経過し、また、障害者への強制不妊手術をめぐり訴訟が広がるなかでの発言だった。

 差別と排除の論理が、あたかも人口減少や経済停滞に対処するためであるかのように持ち出される。多様な生のあり方を積極的に支える社会こそが活力ある社会となることが改めて強調されねばならない。たとえばスウェーデンは、障害の有無や性別、性的指向のいかんを問わず、誰もが社会とつながり力を発揮できる条件づくりを目指してきた。

 障害のある人が自ら介助者を選べるパーソナルアシスタンス制度、介助とは別に障害者の孤立を防ぐコンタク…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです