メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

ファンケルクラシック2018 静岡・裾野カンツリー倶楽部で17日開幕

池森賢二ファンケル会長(右から4人目)、原辰徳氏(同5人目)ら健闘を誓う出場選手たち=主催者提供

熟練技で頂点へ

 富士のふもとでシニアゴルファーたちが熱戦を繰り広げる夏の風物詩、今季国内男子シニアゴルフツアー第9戦の「ファンケルクラシック2018」が17日から3日間、静岡県裾野市の裾野カンツリー倶楽部(7009ヤード、パー72)で開催される。【中村有花】

 「シニアの力で、日本を元気にしたい」と始まった大会も今回が18回目。第5回大会以降、「シニアの元気が日本の元気!!」をスローガンに掲げる。昨年は3日間の大会期間中に2万2666人のギャラリーを集め、8年連続で2万人を突破。シニアツアー屈指の動員数を誇るゴルフ界注目の一戦だ。

 賞金は、国内シニアツアーの日本プロゴルフ協会主管大会の最高額となる総額7200万円。このうち優勝賞…

この記事は有料記事です。

残り3218文字(全文3535文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです