メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-久保利明王将 第5局の3

センスのある一手

 久保は[後]3四歩[先]同飛[後]2八角のコースを選択した。自玉の憂いには目をつぶって、桂香得の実利にかけたのだ。

 手番を得た稲葉の対応が注目された。3筋の桂頭攻めは間に合わない。どこに代償を求めるのかと見ていたら、稲葉はひょいと角を上がった。銀冠の頭上を直撃しようというわけだ。[先]6六角のような手は棋譜を並べていると素通りしてしまいがちだが、実はセンスのある一手で実戦ではなかなか指せない。おそらく序盤で[先]7七角と打った時点で、左辺への活用もおぼろげながらに想定していたのだろう。

 久保は予定通り、桂香を回収する。その間、稲葉は8筋に大きな拠点を築いた。両者の主張が正面からぶつか…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文788文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです