メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

全米プロ選手権 松山4打差16位発進

 【セントルイス(米ミズーリ州)角田直哉】男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全米プロ選手権は9日、当地のベルリーブCC(パー70)で第1ラウンドがあり、松山英樹は首位と4打差の16位で発進した。松山は2バーディー、ノーボギーの68で回った。池田勇太も3バーディー、1ボギーの2アンダーで16位。小平智は1オーバーの62位、今平周吾は2オーバー、時松隆光は3オーバー、宮里優作は6オーバーだった。首位は64をマークしたゲーリー・ウッドランド(米国)。2位にリッキー・ファウラー(同)がつけた。連覇を狙うジャスティン・トーマス(同)は1アンダーの33位、タイガー・ウッズ(同)はイーブンパーだった。

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1021文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです