メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大が監督など兼職の9人解任

 アメリカンフットボール部の悪質タックルに伴う再発防止策の一環として、日本大は10日、田中英寿理事長(71)を相撲部の総監督から解任したと発表した。日大は大学運営を担う要職者による運動部活動の部長や監督の「兼職禁止」を打ち出していた。

     日大によると、田中理事長は陸上部の特別長距離部門部長も解かれ、大塚吉兵衛学長はラグビー部の部長から外れた。今回の兼職禁止により、7日までに陸上、ラグビー、水泳など九つの運動部の計9人が監督や部長などを解任された。アメフット部部長の加藤直人副学長は同部再建のため、当面は兼職を続けるとした。【小林悠太】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです