メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翁長知事死去

「沖縄を守る闘い継承」通夜に政界関係者ら

 膵(すい)がんのため8日に67歳で亡くなった沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事の通夜が10日、那覇市の大典寺で営まれた。与野党の国会議員や県政界関係者らが参列。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に反対するなど、沖縄の米軍基地負担の軽減を訴え続けた現職知事の死を悼んだ。

 祭壇の中央には笑顔の遺影が飾られた。家族ぐるみで親交があった稲嶺恵一元知事は「道半ばで本人は残念だったと思う半面、安らかな顔を見ると、最後は『できることは全部やった』という気持ちになったのかなと思った」と話した。

 辺野古移設反対をともに訴えてきた照屋寛徳衆院議員(沖縄2区選出)は「言葉を失うぐらいショックだが、…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文722文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです