メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総務省

情報通信の将来、検討へ 「5G」環境など

閣議後、記者団の質問に答える野田聖子総務相=首相官邸で2018年8月10日、長谷川直亮撮影

 総務省は情報通信分野のこれまでの競争ルールや通信基盤を見直し、電話やインターネットを取り巻く環境変化を踏まえた新たな政策を検討することになった。情報通信審議会(総務相の諮問機関)に今秋以降、複数の有識者会議を設け、2019年末まで議論する。20年の商用化が見込まれる次世代移動通信システム「5G」をどう活用するか--などが議論される見通しだ。

 野田聖子総務相は10日の閣議後記者会見で「30年ごろに実現が期待される通信ネットワークの未来像から…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1101文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです