メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

長崎の離島 私財出し合い教会建築 250年禁教、耐えた象徴

丘に建つ旧野首教会。石垣が城塞を思わせる=長崎県小値賀町の野崎島で、山本真也撮影

 この夏、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。その構成資産である長崎県の離島には、禁教を解かれてから信徒らが私財や労力を出し合って建てた教会がある。静かな「祈りの場」からは、約250年もの禁教の時代、世代を継いで耐え抜いた信徒らの熱い思いが伝わってくる。【山本真也】

 ■野崎島

 五島列島の一つ、小値賀(おぢか)町の野崎島。海を見下ろす丘に旧野首(のくび)教会が建っている。石積…

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1313文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです