メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎発!

翁長氏の問い /長崎

 地方自治のあるべき姿について改めて考えている。8日に亡くなった沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事が時の政権と激しく対峙(たいじ)してまで訴えていたことだからだ。国策を巡る国と地方の対立は沖縄の問題でなく、どこでも起こりうる可能性がある。

 沖縄保守の重鎮だった翁長氏は4年前の知事選で圧勝し、民意を力の源泉に「沖縄アイデンティティー」を掲げ、米軍普天間飛行場の県内移設の中止を国に求め続けた。翁長氏は日米安保の必要性は認めていたが、沖縄は過重な基地負担を負っており新たな基地建設には反対した。

 移設の是非は中国、北朝鮮を念頭に安全保障の観点で論じられるが、沖縄は「地方自治、民主主義の問題でも…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです