メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツと世界

インドネシア アジア大会、初の代表 「スマホあれば誰でも」

アジア大会に向けスマートフォンで練習するeスポーツのインドネシア代表、ヘンドリ・ハンディスリャさん=ジャカルタで

 インドネシアの首都ジャカルタで18日に開幕するアジア大会で、コンピューターゲームによる対戦競技「eスポーツ」が初めて公開競技に採用された。4年後の中国・杭州大会では正式競技に格上げされる。地元インドネシアでも、初めて国を代表する緊張を感じながら、選手が猛特訓に励んでいる。

 ジャカルタ市内にある30平方メートルほどのマンションの一室にはパソコンが10台ほど並び、4~5人がゲームの練習に励んでいた。ひときわ真剣な表情でスマートフォンの画面をにらんでいたのが、スポンサー企業の名前が全面に印刷されたTシャツに身を包んだインドネシア代表選手のヘンドリ・ハンディスリャさん(34)だ。

 部屋はヘンドリさんが所属するチームの拠点で、スポンサー企業から所属選手に給料が支払われる。選手生命…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  4. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  5. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです