メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

乳房再建、生活に合わせ=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

インプラントによる乳房再建

 病気やケガなどにより失われたカタチを取り戻す手術は、形成外科医の大事な仕事の一つです。しかし、カタチを取り戻すために患者さんに新たなキズを作ることも多いのです。

 乳がん手術後、乳房の形態を再現するため、体内に埋め込むシリコーン製のバッグ(インプラント)の利用が保険適用されたことを前回、ご紹介しました。これは患者さんにとって福音となりました。自らの皮膚などの移植で患者さんに新たなキズを作ることなく、乳房再建ができるからです。

 乳房のカタチは人によりマチマチで、使用するインプラントも多くの種類があります。形成外科医は、それぞ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. ORICON NEWS 第160回「芥川賞」「直木賞」が決定 古市憲寿氏は逃す「がーーーーーん」
  5. 五輪コンサルの男に禁錮刑 シンガポール地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです