メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

乳房再建、生活に合わせ=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

インプラントによる乳房再建

 病気やケガなどにより失われたカタチを取り戻す手術は、形成外科医の大事な仕事の一つです。しかし、カタチを取り戻すために患者さんに新たなキズを作ることも多いのです。

 乳がん手術後、乳房の形態を再現するため、体内に埋め込むシリコーン製のバッグ(インプラント)の利用が保険適用されたことを前回、ご紹介しました。これは患者さんにとって福音となりました。自らの皮膚などの移植で患者さんに新たなキズを作ることなく、乳房再建ができるからです。

 乳房のカタチは人によりマチマチで、使用するインプラントも多くの種類があります。形成外科医は、それぞ…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです