メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-久保利明王将 第5局の4

稲葉調の指し回し

 稲葉は[先]7五角(図)について「もう少しいい攻め方がないかと思ったが……」と局後話した。しかし次の[先]6四角が十分厳しく、久保は「本譜(の指し方)かと思った」と言う。[先]2五飛は味のいい補給。[後]1八馬はつらいが仕方がない。

 稲葉は入手した桂を[先]8五桂と打ち、さらに圧力をかけた。久保は[後]7二歩と我慢の受け。[後]7二香のほうが反発力はあるが、[先]6五飛[後]同歩[先]4二角成[後]同金[先]7三銀[後]9二玉[先]9五歩([先]9三桂成以下の詰めろ)で一気に寄ってしまう。

 実戦でも強襲の順は存在していたが、香を温存されると少し意味合いが違うらしい。久保は「[後]7二歩で…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文833文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです