メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-久保利明王将 第5局の4

稲葉調の指し回し

 稲葉は[先]7五角(図)について「もう少しいい攻め方がないかと思ったが……」と局後話した。しかし次の[先]6四角が十分厳しく、久保は「本譜(の指し方)かと思った」と言う。[先]2五飛は味のいい補給。[後]1八馬はつらいが仕方がない。

 稲葉は入手した桂を[先]8五桂と打ち、さらに圧力をかけた。久保は[後]7二歩と我慢の受け。[後]7二香のほうが反発力はあるが、[先]6五飛[後]同歩[先]4二角成[後]同金[先]7三銀[後]9二玉[先]9五歩([先]9三桂成以下の詰めろ)で一気に寄ってしまう。

 実戦でも強襲の順は存在していたが、香を温存されると少し意味合いが違うらしい。久保は「[後]7二歩で…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです