メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

抗認知症薬とどう向き合うか 仏は保険適用除外「医療上の利益不十分」

日本国内で承認されている抗認知症薬のうちの一部。右の「ドネぺジル」は「アリセプト」の後発品

 アルツハイマー病(AD)の症状の進行を緩和する抗認知症薬が、フランスで今月から公的医療保険の対象外になった。「医療上の利益が不十分」との理由からだが、日本では専門学会が使用を推奨しており、見直しに向けた動きはみられない。今回のフランスの対応を受け、抗認知症薬とどう向き合えばいいのかをまとめた。【河内敏康、渡辺諒】

 「公的医療保険の適用を正当化するには十分でない」。抗認知症薬について、フランス保健省は6月、こう発…

この記事は有料記事です。

残り2133文字(全文2341文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです